引越しの作業をしている男性

一人暮らしの引っ越し

トンネルを通る

一人暮らしだと引っ越し料金は安いです。単身なので荷物の量が少ないといったことも関係しています。近場の引っ越しであれば、荷物量は普通の量で2万円から3万円代といった格安で引っ越しをすることができます。また、一人暮らしだと単身のパック料金も業者によっては商品として取り揃えています。しかし、夫婦で住んでいて配偶者が亡くなっていて荷物の量は2人分だけれど引越しをするのは一人という場合ですが、単身パック料金の範囲に収まり切れない場合があります。単身パック料金は、あくまで仕事で単身赴任や学生や社会人のアパートなどでの一人暮らしをされている方に向いている料金体系のサービスとなります。そこを注意する必要があります。

単身赴任や一人暮らしの引っ越し見積りだと、あらかじめ荷物の梱包は自分で行う、新居についてからの解梱や大型家具、家電、配線や設置なども自分で行うとなると見積もりのときに引っ越し料金もだいぶ安くすることができます。一人暮らしであると荷物の量も少ないですので、自分で梱包しきれるくらいの量となります。それでも梱包は自分だけの力ではどうしても無理だとなると一人暮らしの荷物の量の範疇をこえていることになります。一人暮らしの見積もりは電話やインターネットで十分ですが、量があまりにも多いとなると訪問見積りにきてもらったほうが正確な見積もり金額を出すことができます。正確な見積もり情報を伝えないと、追加料金が発生することもあります。

注目の記事

申込みを行っておく

ヘルメットをとる

物流倉庫を利用する場合は、事前に申込みを行っておくことが大切です。また、契約金がかかるので、これらを予想して話し合いを進めて行くことが重要であると言えます。また、くわしく知っておくことでトラブル発生が防げます。

Read More

バイクの引っ越し

新しい物件

引っ越しを行いたいけれど、バイクが有るという場合は、陸送を行ってくれる業者に依頼を行なうようにしましょう。リーズナブルな価格設定が行われている場合があるので、お得に利用が出来ます。

Read More

ツーリングの帰りに

業者を選ぶ

ツーリング帰りに活躍するのがバイクの陸送です。責任をもって運んでくれるので、愛車を預けて自宅に変えることが出来ます。また、価格も安めなので、引っ越しにも活躍してくれます。

Read More